Hatena::Groupugomemoline

お知らせ

 | 

2013 . 7 . 14 Sun

うごメモラインの抜本的改革を行います

2009年に発足したうごメモラインは今年で4周年を迎え、ようやく組織としての体制が整ってきました。



うごメモラインは元来「鉄道連合のイベント」という位置づけでした。

当時は鉄連の会員しか参加権はありませんでしたが、規定は今よりずっとシンプルなものでした。

しかし、第二地域や第二A/B地域への分離を経て少しずつ規定が厳しくなっていき、

私が会長になってからは取締執行部や副会長といった組織が構築され、

それらによって規定がさらに厳しくなったように思えます。

この状態で仮にうごメモ3Dで募集をかけたとしても、先が目に見えています。



この際、思い切って私がうごメモラインの抜本的改革を行うことにしました。

以下に主な内容を記しています。これらはあくまで予定であり、変更となる可能性があります。



規定の整理


「うごメモライン新規定」は現時点でまだ草案の段階ですが、

法的拘束力を無効として「会社づくりの目安」という位置づけにします。

また、参加者が自由に改変できるようにすることで、現実的な会社を目指す人の手助けにもつながります。

参加者の不行為に関する規定」はうごメモ3Dに対応した規定に改訂、一部削除を行います。

今までは新規直通の際に鉄道部からの許可が必須でしたが、これらの制度を撤廃します。

ただし、路線の位置関係の問題は旧うごメモラインの頃からたびたび浮上しているため、

直通や接続の際は位置関係がおかしくならないよう細心の注意を払ってください。



組織の整理


鉄道部のうち元車籍管理部の仕事をすべて撤廃し、路線管理に一本化させます。

また、うごメモライン新規定の第五項「特許」の管理役として「特許委員」を配置する予定です。



うごメモ3Dとの関連


参加者の募集はうごメモ3Dでも行う予定です。

ただ、3DSを持っていない、もしくは有料サービスを利用できない参加者もいると思われるので、

うごメモ3Dの配信後も当グループをうごメモラインの本部とします。

また、私は鉄道メモを出すつもりは一切ないので、代理者に窓口をたててもらう予定です。



これらの施行日、および詳細は後日発表します。今しばらくお待ちください。

 |