Hatena::Groupugomemoline

参加者の不行為に関する規定

参加者の不行為に関する規定

注:この規定は無効化されることが決定していますが、保存を検討しています。


うごメモライン 参加者の不行為に関する規定


第1章 前書

・本規定でのユーザーとは、うごメモラインの参加者を指すこととする。

・本規定は、ユーザーが健全な活動を推進する為のものであり、全てのユーザーに適用される。


第2章 禁止事項

〔第1条〕

・ユーザーが以下の行為を行う事を禁止する。

  ・うごメモラインにおける著作物の無断使用、無断複製、及び無断改変

  ・「うごメモライン公式」等、うごメモラインが作成したと認められる表現を含む著作物の無断公開

  ・うごメモはてな利用規約、掲載ガイドライン、及びはてな利用規約への違反


〔第2条〕

・ユーザーは以下の行為を行ってはならない。

  • 現実に存在する車両、及び発車ベルといった著作物の流用

  ・うごメモラインに参加していない会社との相互直通運転

  ・実在地と架空地の判断を困難とさせること(実在地名、及び駅名を使用する際は「架空であること」の証明を必須とする)

  ・「新幹線」の名称を用いた路線の建設(新幹線は日本におけるブランド名であるため。但し、高速鉄道の建設を禁止するものではない)

  ・その他、取締執行部が不適切と判断した行為


第3章 反則時の処置

〔第1条〕

・ユーザーが第2章の禁止事項に反した場合、確認時間処理と正規処置を第一とする為、一次営業保留(いわゆる凍結)を命ずる。

・第3章第2条、及び第3条の処置は取締執行部による報告書の完了後に実施する。

・一時営業保留命令の発令中は営業は可能であるが、新線建設や新車製造といった営業活動は禁止される。


〔第2条〕

・ユーザーが第2章の禁止事項に反すると認められた場合、反則回数・重度の目安となる「点」を加算する。1回あたりの加算点数は以下の通り。

  ・第2章第1条反則時・・・10点

  ・第2章第2条反則時・・・5点

・「点」は1年ごとに解消され、0点から再度加算される。解消は年度単位で行うのが原則であるが、1月〜3月間に加点が発生した場合、その「点」は翌年度6月末日まで引き継ぐこととする。


〔第3条〕

・第3章第2条に則して加算された「点」は、その数に応じて以下の処置を原則として実施する。

  ・10点以下・・・取締執行部による厳重注意

  ・11点~15点・・・1ヶ月の営業停止

  ・16点~20点・・・2ヶ月の営業停止

  ・21点~25点・・・3ヶ月の営業停止

  ・30点以上・・・参加資格剥奪

・以上の処置は「原則」であるため、取締執行部の判断によっては変更となる場合がある。

・株式会社はてなのサービス利用停止を受けた場合は、第3章第1条と同様の一次営業保留を命ずる。


2013年3月7日改訂 ホッコリーナ

2013年3月20日取締執行部認可・規定改定 taiga